今日も暖機運転・・・(ヽ´ω`)

車が好きでブログをはじめました。特に根拠もなく妄想をゆる〜く書いてみます。

大人のスポーツカー好きは迂闊にコンパクトファミリーカーに乗ってはいけない?

 

タイトルは徳大寺有恒氏の名著「こんなクルマには乗ってはいけない」をパクってみたました。

さてさて、住めば都という言葉が有りますが、クルマにも案外当てはまるのかと最近思います。
乗れば愛車?とでも言いましょうか、じわりじわりと乗ってるうちに良さがにじみ出てきて悪くないと思うようになると。いわゆるそれが罠なんですけどね。

その昔の知り合いでS2000ランエボに乗ってた人がホンダのフリード1台になった時、「流石に非力なファミリーカーはつまらなくないですか?」と聞いたことが有ったんですが、意外に「ハンドリングもダッシュも不満ないですよ」という答えでした。
のべつ幕なしにアクセルを踏み散らかしてた人のセリフとは思えず、頭がクラクラしたのを覚えてます。

 

 

そして僕もファミリーカーに

RX-7(FD3S)が盗まれて買い直すどころか中古市場が高騰し貯金が追いつかなくなり、今はファミリーカーをころころ転がしていますが、結論からいうと確かに悪くないなぁって気になってます。


まぁもちろん妥協ですよ、そもそもエンジンや足回り見た目など、根本的な構造もコンセプトもまるで違うファミリーかとスポーツカーを直接比較するのはナンセンスですよね……。

大体スポーツカーが好きで他の車に無関心なのに、ファミリーカーも悪くないと思ってる事自体がナンセンスにも思えるのですが、やはり妥協、妥協はすべてを解決するのです。
妥協という言い方もあんまいい気がしないので、ここはTOPをわきまえたと言うべきでしょうか?大人の階段登ったわけです。

 

 

もう一度いいますがスポーツカーとファミリーカーは別物ですので

何度も言いますけどスポーツカーとファミリーカーはコンセプトが根本的に違います。
オラオラコンセプトのスポーツカーとほのぼのコンセプトのファミリーカーなので、当然構造もデザインも違います。特にデザインは強烈でスポーツカーの「やる気の出る」見た目はもちろんオラオラ待ったなしです!
ではファミリーカーは?もうクルマの見た目で気分が変わります。

クーペに比べるとずんぐりなコンパクトカー ※写真はイメージです。

 

車高が低くてスタイリッシュでかっこいい「あー速そうだな」と思うスポーツカーから、ズングリしてて小柄で「あー燃費良さそうだな」と思うファミリーカー。

ドアノブに手をか掛けると重く長いドアを力強く開けホールドの良さそうなシートに滑り込むスポーツカーから、短く軽々ぱかりと開くドアや台所の椅子に座る感覚でシートに座るファミリーカー。



シートに滑り込むとレッドゾーンの回転数が高い大きなタコメーターや、ブースト計、油圧計など各種インフォメーションが目に入りクルマが「俺は速いぜ」とアピールしてくるスポーツカーから、スピードメーターと燃料系が目に飛び込み「僕は燃費がいいよ安全運転でね!」とアピールしてくるファミリーカー。

違う!全く違います!この乗り込むまでに受ける印象の違いがデカ過ぎるので、ファミリーカーにはなんの期待もしないのです!
まぁ、期待してもいいけどその期待はベクトルが違いますよね。

 

 

 

ざっくり期待してないファミリーカー(コンパクトカー)の紹介

一部のトガったスポーツカー至上主義者にはヤリスとスイフトとフィットとマツダ2のようなコンパクトカーを並べても見分けがつかないでしょうね!(ド偏見)
流石に見た目くらいは区別がついても、乗り込んで内装で区別がつくかと言えば結構怪しいと思います。
だって興味が無いんだもん!でもそれが罠。

今の足グルマ3代目フィットです。


ちなみに僕の足はホンダの3代目GK型Fit(多分)の前期型1.3GFというグレードで(多分)、エンジンは1.3LのDBA-GK3というエンジンを積んでいて(多分)、パワーは100PSほど(多分)で変速はCVT(多分)、車重は1030kg(多分)と軽量でこれを前輪駆動で引っ張ります。
(多分)が多いのはまじで興味がないので本気で調べてないからです。

 

 

そこまで興味がないので勿論興味のないまま運転します。

分別や常識と煩悩と本能の境界が曖昧なヤングメンの頃なら、スピードの衝動に抗いきれずアクセル踏み込んで「このクルマパワー無いぞぉおおおあお!」と車格の割に広い車内でシャウトしてたかも知れませんが、無駄に長く生きてしまった僕は期待してないクルマのアクセルなんて全開にしません。
そもそもノーマルのファミリーカーに乗って街なかでイキり散らかす姿を公衆に晒すなんて、元FDオーナーの薄っぺらでしょっぱいプライドが許さないので、遵法精神に則ってファミリーカーらしく走り出しまする。でもそれが罠。

いざ走り出すと期待してなかっただけにおや?と思える瞬間があります。車重が軽くギア比(CVTだけど)が低いのかエンジンが低回転型なのかするする進み出し、ファミリーカーの割には硬くないかな?とさえ思う足回りで交差点もキビキビ走ります。これも車重が軽いのが効いてるのかな。

僕はFDを修理に出した時の代車でハイト系の軽四に乗ってたんですが、これが絶望的に遅くママチャリにも負ける勢いで、足も圧力釜で揚げたチキンのように柔らかジューシーだったので、もう走るのが結構苦痛だったんですが、その記憶の比較も有ってかフィット意外に走りおるなぁと更に錯覚に拍車が掛かります。

そう全ては錯覚です。ロータリーツインターボのライトチューンのクルマから乗り換えてフィットが速いわけ無いですからね。
でもフィットだからフィットらしい走りをしようと思って走れば思ったより面白く、これ峠いっても思い白いかも!とアホな錯覚をします。
そもそも僕はクルマにさえ乗ってりゃ楽しい性分なので、コダワリを捨てればなんでも楽しいってもの災い、いや幸いしてフィット楽しいのです。

 

所詮ファミリーカー

でも思ったよりエンジンのピックアップいいなぁとか思っちゃだめですよ、僕は迂闊にも思いました。そして愚かにも遅いセダンの追い越しの時にその実力を解放せんとアクセルを踏み込みます。唸るエンジン!動かない速度計、唸るエンジン、全然追い越せないセダン。
時空が歪んだかのようにノロノロと追い越しを掛けるフィット!そしてBGMには壮絶に唸るエンジン音!やっぱ回らんエンジンでした。
だがこいつには引き締まった足回りが有る!

今度は高速道路で実力を試すぜ!とこれはまぁ結構良かったですよ、フィット案外ボディ剛性がいいので足がしっかり仕事してましたね。
でも街なかでちまちま走ってる時の足の硬さから思うとやっぱ柔いかなぁ?と思いますし、高速走行での足の動きも結構バタバタ気味でした。これはボディの形状も関係してるかも知れませんね。

 

 

妥協してると自覚してないと持ってかれる

結局普通のコンパクトカーはコンパクトカーです。そりゃGRヤリスやスイフトスポーツならまた違うでしょうけど、安っすいグレードのコンパクトカーに何を求めてるねんと。皆がコンパクトカーに求めてるのは経済性と積載性ですよね。
しかし、これを踏まえてコンパクトカーを運転すれば、スルメのような深い味わいがあるもんで現状を受け入れられれば楽しめます。でもそれが罠。

便利だし、燃費もいいし、まぁ普通に走ってる分にはキビキビ走るのでかわいいやつって気になります、時たまスポーツカーが駆け抜けていくのを見るとなんとも言えない郷愁が襲いますが、ま、本当に欲しいクルマを買うまではこれを楽しもうと思えばますます罠にハマっていい感じです。

 

 

結論

のべつ幕なしにアクセルを踏む人や、スポーツカーに乗ってる自分以外認められない人でなければ、今どきのコンパクトファミリーカーはいい意味なのか悪い意味なのか分かりませんが、妥協ができてしまうヤバいやつです。
2台持ちならともかく、つなぎで乗るかなと軽い気持ちで乗ると「しばらくこれでいいかも!」と魔が差す罠だらけのやべー奴、それが今時のコンパクトファミリーカー。
軽い気持ちで乗ってると「しばらく」の終わり時を見失いますぜ!

ガンダムの名セリフから学ぶ安全運転

みなさんガンダム好きですか!?

僕は大好きです!詳しいストーリーを話そうにも、どのガンダムの話をすればいいか迷うほど作品も多く、今更僕が語るほどでも無いです。
いまや世界的にも有名になった日本のロボットアニメガンダムの初代作こと1stガンダムの、1エピソードに過ぎなかった奇っ怪な格闘ザクが暴れ回るククルス・ドアンの島」がまさかの映画化され、昔ながらなガンダム好きの僕としては歓喜です!

2022年6月3日から公開されるまさかの映画化「ククルス・ドアンの島」の公式HPより


そんなガンダムは作品のドラマ性も相まって人生の縮図を垣間見る瞬間もあります。
そこから様々な名言や名シーンが誕生しているのですが、先程も言ったように人生の縮図とも言えるこれらは、運転にも通じるものが有ったりするんですよ。多分。

ということでククルス・ドアンの島の公開を勝手に記念して、強引ながらガンダムの名セリフに学ぶドライビングテクニックを勝手な解釈でご紹介します!(勝手な解釈なので話半分でお願いします)

 

 

「戦いとは、いつも二手三手先を考えて行うものだ。」

赤い彗星ことシャア・アズナブルがサイド7へ偵察に送り込んだザクを撃破され、補給を待つ間に再びサイド7へ潜入を試みた時に部下のドレンに放ったセリフです。
相手の出方や状況の変化に対し受け身ではなく、能動的に情報を得て行動する姿は先読みのシャアと言われてるだけ有って作戦指揮にもそつがないですね。
事実この時シャアは敵の新鋭艦ホワイトベースを肉眼で確認し、ついでに強すぎる妹とも再会を果たしています。

運転に当てはめるなら全てに当てはまるのですが、目の前のクルマだけでなくその先のまた先のクルマの動きを確認していれば、信号待ちの際に無駄に交差点に侵入してしまい立ち往生なんてアホなことも避けられるますし、対向車線の状況を確認していれば対向車が反対車線にはみ出して来る状況も予測して避けられます。
遠出などもクルマの燃費から逆算し、予め行き先のGSを探しておけばサクッと給油も出来ます。

周りの車の動きを観察してると、歩行者の飛び出しも予測できたりもします。
自分の立ち回りなど周りを見れば「危険予測」が出来るヒントは溢れてます。トラブルを先に回避するためにも、赤い彗星になったつもりで洞察力を研ぎ澄ませましょう!

 

 

「スレッガーさんかい?早い早いよ!」

主人公の乗る宇宙艦ホワイトベースが、ジャブローから宇宙に上がった直後にジオン軍のドレン率いるキャメル艦隊との戦いで、敵の出方に探りを入れるべく先制攻撃をしたスレッガーにカイ・シデンが放ったセリフです。

さてこれは高速で追い越し車線をものすごい勢いで走り去るクルマに対して放ちましょう。
そこでオービスが光ったり覆面が追跡を始めれば、ハヤトの「こういうとき、慌てたほうが負けなのよね」のセリフとワンセットで使えます。

カイの一見臆病とも見える戦場の行動ですが、知らない道を走る時など慎重に過ぎるくらいが丁度いいです。
また日頃ニヒリストなカイですが、案外周りの状況や仲間をよく見ており憎まれ口を叩き「軟弱者」とビンタを食らうなどしてますが、結構仲間思いだったりする一面があります。

そんな彼に習って慎重に周りを観察して走り、周りへの配慮を怠らなければ無用なトラブルも避けられるでしょう!

 

 

「左舷砲撃手弾幕薄いぞ、何やってる!」

普段物静かですが、戦闘に突入すると急に人が変わったようにイラチになるブライト・ノア艦長のセリフです。
弾幕薄いぞ何やってんの!」をベースに様々なバリエーションがありますが今回はこれです。

高速道路を気持ちよく走ってるとついつい右車線を占拠しがちです。
ですが右は基本追い越し車線なので更に高速で接近するかも知れない車両のためにも開けておく必要があります。
たまにいますよね走行車線がガラガラなのに追い越し車線をのんびり走ってる人。
自分がそうならい為の戒めにもこのセリフを覚えていましょう。ですのでこのセリフの正確な言い回しとしては
「左車線(走行車線)がら空きだよ、なに追い越し車線走ってるの!」となります。

金切り声を上げていても実は冷静に戦場を見ているブライト艦長の観察眼を見習いましょう!

 

 

「笑うなよ兵が見ている」

ザビ家の中でも異質のお坊ちゃんであり、お人好しであり、家族思いである捨て子疑惑すら有るザビ家の末っ子ガルマ・ザビのセリフです。
シャアがジオンの勢力圏にホワイトベースを誘い込んだ時、ガルマはジオン十字勲章モノの獲物をシャアが譲ってくれたと思い込みシャアに礼を言います、その勘違いっぷりに吹き出したのかシャアらしからぬ快活な笑い声を上げ、その後先のセリフが飛び出します。

自分の活躍をほのめかしただけで爆笑されたにも関わらず、涼やかなセリフで返すガルマはクールなのか天然なのか定かではないですが、こういう落ち着きは見習いたいところです。

例えばガソリンスタンドで給油口の反対側の給油機に停めてしまい、デート中の彼女に笑われ苦笑いの店員に誘導されたり、ショボく3Lだけ給油したのにわずかにお金が足りず狼狽した姿を彼女にニヤニヤされたり、彼女のクルマなのに自分の車と間違えてハイオクを入れそうになり指差され笑われた時など、感情的にならず「笑うなよ店員がみている」と前髪をクルクルさせてクールに決めましょう!

恥ずかしいことやイライラすることなど、サラリと受け流して引きずらないようにすれば、運転にも支障なく集中できます。
生まれながらのお坊ちゃんでお人好しのガルマを見習い、細かいことは気にせずクールな運転に徹しましょう。

 

 

役に立つかどうかはあなた次第!

如何でしたか?ガンダムの名セリフから学ぶ安全運転。
実際これがどの程度役に立つかは未知数ですが、ガンダムのセリフから安全運転のヒントはきっと隠されてるはずです。
今回はファーストガンダムからの抜粋でしたが、他のガンダムも素晴らしい作品なので、そのキャラから学べる事は多いでしょう!
結局何が言いたいかというとガンダム面白いのでみなさん観ましょう!

みんなクルマに関心ないのね(´・ω・`)

いやぁ残念残念、と言いつつ薄々は感づいてましたけどね。


僕ははてなブログでブログを書いてるのですが、あまり他人様が書いているブログを読まないので、SNSで流れてくるのを読むだけでなく能動的に面白そうなブログでも探そうとかはてなブログを開いて愕然としました。

 

まずはこれを御覧ください!

はてブのトピック

これはてなブログのトピックの一覧なんですが、昔なら定番の「車・バイク」って項目がないのですよ!これはなかなか由々しき事態ではないですか?
せーっかく楽しいそうなクルマ関係のブログを見ようとしたんですが、出鼻を挫かれたというより心が折れました。

このはてなブログのトピックからどうやってクルマブログにたどり着けばいいのか……

 

 

基本はユーザー任せ

実ははてなブログはブロググループというのが作成できて、そのグループの中にはクルマやバイクに関するものが存在します。でも、これはてなブログProに入ってるユーザーが作ったものなのですよね。


しかもこれはてなブログから探せなくてググってやっとたどり着けるんですよ、というかはてなブログのトップページにはそもそも検索欄もないです。
はてなブログ的には自動車やバイクのブログは関心が無いということか……、つまりそれだけみんなクルマには無関心だと、これが国民の総意ってことなんだ!
ナンダッテー!! ΩΩ Ω

 

 

クルマの売上も奮ってないです

クルマも売れてなさそうだし仕方ないかぁと思って調べたのですが、やっぱ年々落ちてます。
日本自動車登録検査協会連合会というところのホームページでここ数年の新車の登録出し数をみますと。

2018年 2,895,454台
2019年 2,821,886台
2020年 2,478,832台
2021年 2,399,862台

www.jada.or.jp

順調に減ってますねぇ、コロナで大騒ぎだった頃は中古車はいい動きが有ったようですが、新車はジリジリと減っていってます。
しかも売れている新車にしても、軽やHV、EVなどいわゆる走りが好きな車好きが買う車種ではないですね。

自動車登録検査協会連合会 ハイブリッド車・電気自動車の保有台数推移より

 

https://www.airia.or.jp/publish/file/r5c6pv000000wkqb-att/04_HV_EV.pdf

クルマを趣味で楽しむ人減ってそうですね。そりゃはてなブログのトピックにも載らない訳だわ、うーん無念!
もちろんHVやEVだってクルマ単体でも色々楽しめるとは思いますけど、この手のクルマを買ってる人はそういう楽しみ方を見出してる人何割くらい居るんですかね?

 

時代かなぁ、趣味としては廃れたのか

僕はSNSでクルマが好きな人を多くフォローしてるので勘違いしてましたが、やっぱ若い人を中心にクルマへの関心は薄いっぽいですね。
僕が学生の頃すごいバイクが流行ってた時期があり、もうみんなバイクの免許取るのなって当たりまえで何に乗るか話してました。

僕も15年前にスズキのグース350を降りたきりバイクに乗ってません、そのはるか昔に起こったバイクブームは大規模でしたが、やはり人の世は流行り廃りの波が押し寄せるもので、クルマの運転そのものを楽しんだり、趣味の中核にクルマが存在する時代は終わったのかも知れません。

そもそもクルマの趣味ってなんぞやって話では有るんですが、このとらえどころのなさも微妙ですよね。
でもほんとクルマが好きだと目的もなくただ乗ってるだけで楽しいんですよ。
クルマは走る道具だから走らせるのは当然なんですが、その走らせて楽しむ楽しみ方も様々で、ものんびりツーリングや、スポーツ走行、更に過激にサーキットでのタイムアタックや遂にはモータースポーツへの参加と様々です。そして過激さがまして行くたびにお金もかかります。これが鬼門ですね!

 

クルマ高いですもん。

とにかくクルマはお金が掛かります。車両本体の価格が上がるのは世界的な物価の上昇なので仕方ないとはいえ、問題は税金!やはり税金取りすぎでしょ!

自動車税重量税、買った時に発生する消費税、そしてガソリンにもガソリン税石油石炭税、ついでによくわからん温暖化対策税とかいう謎めいた税金も掛かってます。絶対この税金は温暖化対策に使われてないだろ!

そこにまたしても消費税ですよ!4種盛りとか刺し身みたいでやばくないですか?こんなの盛られても嬉しくないです。
ガソリン価格の4割は税金だそうですがこれは納得です。いや納得できません!タバコじゃないんだからなんとかして欲しいですね。


挙げ句走行税とか更に斜め上にアホな事言いだしてます。いやいや、知恵使う所そこじゃないから!

なんか政府は税金が打ち出の小槌かなにかと勘違いしてるようですが、打ち出の小槌と違って税金はサイババの砂金のように出どころがあるんですよ、いや打ち出の小槌だって保存則からは逃げられません何かカラクリがありますよ。

話はそれましたが、こんだけお金がかかるイメージがあれば特に都市部で生活してる人はクルマがなくても、電車がクソ便利なので(僕は全然そうは思いませんが!)不満なく生活できるので無理にクルマも買わなくなりますよね。

挙げ句、運転が楽しいスポーツカーの中古もビビり散らかすほど高騰してるので、クルマ好きの世界は詰んでます。

 

ほそぼそと精鋭が楽しむ世界になってしまうのか

はてなブログで車関係のブログが探せないというグチをストレートに書くつもりが、結局税金高いって話にトランスフォームしてしまいました。
でもほんとね公務員の民にはお金を稼ぐ尊さをもう少し理解してほしいですよ。
ちな、僕は過去のブログで各省庁へ納税できないか?というアホなブログを書いてるので、アホな記事を読みたい方は見てください。

kiro0315.hatenablog.com

またも脱線しましたが、切手や古銭を集めてる人が少なくなったとは言えまだまだ健在です。
きっとフラフープだって今でも夜な夜な腰をくねらせてやってる人もいるはず。フラフープよく知りませんけど。


そんな感じでクルマ趣味の人が減る分濃くなりどんどんディープ化していくんでしょう、しかし僕は知ってます!同人誌など過去には細々とコミケで売っていた超絶マイナーで超ディープな趣味が、今や多くの一般人を巻き込み巨額の富を動かすほどに成長したことを!
モーターショーも東京ビッグサイトで開催すれば、クルマも再びこんな脚光を浴びる日が来ます!いや来ない!

kiro0315.hatenablog.com

高くなってたかもしれない!!!!

今週のお題「人生で一番高い買い物」

というお題なので久々に書いてみます。
やはり家ですね。総額6000万円で庭と駐車場付きです。
とか言ってみたいですね。
万年貧乏の僕には一戸建て購入は儚い夢です(´・ω・`)

 

 

高い買い物はやっぱクルマですね。

実際は専門学校の学費などの総額かもしれませんが、それは買い物というより自分への投資ですし、ここは物欲に絡んでるものが妥当なので、やっぱクルマです。
その中でも4年前に購入して3年前の今日(5月30日)盗まれた3代目RX-7ことFD3Sとさせてください。

やっぱねセブンなんですよ……

 

実際の購入価格はここ数年のいやらしい高騰のアオリを受ける前だったので、車両価格は130万円程度でした。
ところがこいつなかなかの曲者で、ボディこそしっかりしてたものの後期型の車両なのに肝心のエンジンは前期型という奇怪なクルマで、しかもECUはところどころ断線してるという有様でした。


とはいえ装備は結構ご機嫌で、マツダスピードのマグネシウムホイールや、300km/hのフルスケールメーター、レカロのシートなどお値打ち品が付いててなかなか前オーナーのセンスの良さが光ってましたので、ボロ車つかまされた!と言うよりしっかり直して楽しむぞ!って気持ちの方が大きかったですね!

 

まぁちびちびとお金を掛けました。

車両は安く買えたのですが無計画に買ったので、あんま予算もなく「使っていい貯金」から出せたのはエンジンOH 代とボンネット・ルーフ・トランク部の塗装代程度で、ステアリングの交換やラジオアンテナの改造やその他の整備などは自分でやってました、ぶっちゃけ掛かったお金としては保険や各種手続き込みでも総額で250万円くらいでした。
今じゃ一番コンディションの悪い個体がこの値段になってますね。
僕がFDを買った2018年じゃ程度の悪い低年式の個体は80万円前後でした。

 

でもね、お金じゃないんだよ!

たった1年でしたが憧れのクルマを手に入れ、調子の悪い部分は自分で調べながら直してたので毎日RX-7のことばかり考えてましたよ。
気がつけば「ああしよう」時間があれば「こうしよう」とそりゃ充実した日々でした。
デートの帰りにギアが入らなくなる一番困ったトラブルも今となってはいい思い出です。

 

そうあのクルマはそんな思い出やこれから作るであろういろんな出来事を秘めてたんですね。
人のものを盗むことしか脳のないウジ虫以下のクズに盗まれてしまうまでは……

この先、金額的にはRX-7より高いものを買うことはあると思いますが、僕が買ったクルマの中で一番手を焼いて、たった1年でしたが1年以上も一緒にいた気がする濃密かつ厄介な時間を過ごしたクルマでした。

盗まれなければこの先もっと楽しい出来事や面白いトラブルが待っていたはずです。
当然盗難対策もしていましたが甘かったですね。この授業料は高く付きましたよ。
それも含め過去や未来の思い出はプライスレスですよね!
この先もっと高くて面白いクルマを買ってもFDとの思い出は色褪せることはないでしょう。

という事で、僕が人生で一番高い買い物はRX-7という思い出でした!

こんな落ちでいいのだろうか……

クルマの世界の9割

みなさん本読んでますか?意識高い系のビジネスメーンの方など結構ビシネス本を読んでるように、意識高い系のクルマ好きも「プレイドライブ」や「オートメカニック」そして意識高い系過激派は「オプション」を読んでいることでしょう!

実はビジネス本界隈では9割本なるものが流行ってる?とか。
多分「人は見た目が9割」「人は話し方が9割」という本がヒットしたからだと思います。
ちなみに「人は聞き方が9割」なんて本もあってどっちだよ?って思いますが、1つの要素に集中する一点突破型にはめぐみんの爆裂魔法のようなロマンがありますね。

 

 

 

クルマの世界の9割

〇〇が9割とか〇〇は9割なんて言われても極端すぎてどうよ?と思いますが、勢いはあっていいですよ。プレゼンでも「と思います」より「という事です」と言い切るほうが説得力は増すようです。
そう、多少強引でも一方向に特化して切り崩すという戦法ですね。アスターテ会戦でラインハルト上級大将が鮮やかにこれをキメてます。これを見てから僕もゲームなどで一点突破や各個撃破をバカみたいに繰り返し今に至ります。

それは置いておいて、ではどんな9割がクルマの世界に有るんでしょうか!僕が独断と偏見のみで9割ってみましょう!

 

 

スポーツカー購入は思い切りが9割

これに付きますね。そもそも〇〇だったら買ったのに(例えばMTの設定があったら)なんて言ってる人で、実際後々のマイナーチェンジで〇〇になっても買ってる人見たことないです。
欲しい人はもう欲しさが勝ってネガが見えてない状況なんで脊髄反射で買っちゃうんですよね。

逆に言えば自分をそういう状況に追い込みましょう。

ともかく思い切りが大事です!ここは自分のことだけ考えましょう、もしくはコロンブスの卵的発想を発揮して「荷物が載らない」や「室内が狭い」などもポジティブに捉えて、断捨離の哲学をクルマから学ぶんだ!と家族や自分を説得すれは突破口は開けます。まずは意思です!硬い意思です!自分を騙しましょう、いや騙してないですねさらけ出しましょう。
そもそもスポーツカーなんて「欲しいから買う」以外の動機なんてないでしょ!
でも懐が厳しい方は家族を優先しましょうね。

 

 

 

洗車は愛情が9割

洗車愛好家の名言に「洗車とは車に愛情を注ぐスポーツだ!」というのが有ります。(知らんけど)
まぁ気合の入った洗車愛好家なら水洗いからはじめ洗剤でボディを洗い、ホイールやグリル、モール、エンブレムなど各部を丁寧に洗浄、その後しっかりワックスをかけ、更に内装の掃除とみっちりやれば2時間コースでしょう。

成人男性がやればこれで約400kcalほど消費するようです。うーん、ダルい割に大したことなかったですねぇ。いや気合の入った洗車愛好家のエクストリーム洗車なら600kcaiは行くでしょう!

これを月4セット+雨が降ったあとに行います。梅雨の時期なんか賽の河原にいるようなもんです、愛情がなきゃやれないでしょう。

 

フルバケは我慢が9割

異論は有ると思いますがまぁ待ってください。そもそもフルバケなんて一般公道をメインで走るクルマに要りますかと。
確かにレーシーでかっこいいしスポーツカーには似合うんです、実際それだけで買う価値はありますね。

 

レーシーで機能重視な見た目は最高です。

しかも付けた当初なんかは全身を包み込む官能のホールド感に陶酔ですよ、均一に体の圧がシートに掛かるのでクション性は低くても案外乗り心地も良かったりします。
しかし!そんな気持ちよさもつかの間、しばらくするとフルバケのしんどさが浮き彫りになってきます。
まずは乗り降りがだるい!肩も太腿もしっかりホールドする為に文字通りカゴのようになってるので、コクピットから脱出するためにはシートを乗り越えて這い出さないとだめなんですよね。疲れてる時や何度も降車する状態だとこれがキビすぃ!

他にも肩のサポートがしっかりしてるので、シートベルトを取ろうとしても腕が後ろに回らなかったり、駐車券やドライブスルーの時も案外このホールド性が仇になって、なんか腕が短くなった気すらしてしまいます。
またフルバケの特徴であるホールド性の良さは、夏場には熱がこもって体の後ろ半分がサウナ状態になるのも厳しいですし、これで変な痩せ方したら目も当てられません。

痛くなく開放的なアイアンメイデン、それこそがフルバケなので若干拷問要素は残ってます。

地獄の拷問器具アイアンメイデンファミリー

 

だったらセミバケにしろや!で解決するっちゃするんですが、フルバケは安いし軽いしスポーツカーにはうってつけなんですよねぇ。
ファッションは我慢という言葉があるんですが、フルバケ装着車にはそれ言える気がします。我慢ですよ。

 

 

バッテリーあがりは放置が9割

4つ目にしていよいよネタ切れです。

何ヶ月も乗ってないクルマって当然のようにバッテリー上がりますよね。他にはオルタネーターが貧弱な旧車や同じくそれが故障してるクルマか、必要以上に電力を消費してるクルマですが、最近はなかなか見ませんよねぇ。

皆さん、せっかくの愛車です。こまめに乗ってバッテリーを充電してあげましょうね!終わり!

 

 

ドラテクはブレーキングが9割

おいおい9割とか言いすぎだろって思われそうですが、これこそ9割系の真髄ですよ、とりあえず一点に特化して言い放ち切る!これです。
でもこれ強引な話な気がしますが当たらずとも遠からずです。

その昔ラリードライバーのアリ・バタネン氏の本を読んだことがあったんですが、誰よりも速く走るには誰よりも遅くブレーキを踏んで、誰よりも早くアクセルを踏むことで、とりわけ速く走るにはとにかくブレーキングだ!と書いてました。(すいませんうろ覚えです)

確かにコーナー進入の肝であり最初のアクションがブレーキングなので、これが決まらないとその後に続くステアもアクセルもスムーズには行かないですよね。
まぁ僕はどこぞのサーキットでレコード持ってるほど速くもないんで、ここらでやめときます。

 

 

9割の世界は宇宙だ?

無限に広がる9割の世界

如何でしたでしょうか?クルマ界の9割お楽しみいただけたでしょうか?
他にも「販売されてるクルマはATが9割」や「事故の証拠はドラレコが9割」などあったんですが、もう面倒くさくなってきました。

ですがこの9割ってなかなか汎用性が高く、安全運転は注意が9割、安全運転は慎重さが9割、安全運転は落ち着きが9割、安全運転ができる冴えた9割の方法とか無駄にバリエーション展開ができるので、本でも出して一山当てたい人は如何ですか?


■画像出典

バケットシート - Wikipedia

鉄の処女 - Wikipedia

クルマで飯を食う

クルマ好きなら

一度は考えたことが有るクルマ関係の仕事、色々ありますよねぇ
ぱっと思いつくのは自動車整備士でしょうか?
僕は「よろしくメカドック」ってマンガを昔夢中で読んでたので、クルマで飯を食うと言えば真っ先にこれが頭に浮かびます。

f:id:Kiro0315:20220324225609j:plain


ざっと調べたんですが整備士の40代の平均年収は400万程度だそうです。これ同じく40代のサラリーマンの平均年収490万円と比べると低いかも?
もちろん平均なのでむっちゃ儲かってる人も居ますし、整備士には資格があるのでそれに寄っても変わってきますね。
またディーラーと違い街の整備工場などは色んなスタイルが有るので、相当変わってきそうですがメカいじりが好きな人にはたまらない職業かも?

 

僕は運転手になる!

さて次に思い浮かぶのはなんでしょうか?運転手ですかね、タクシー運転手でしょうか?

f:id:Kiro0315:20220324225940j:plain


しかしこの仕事やたらとキツイと評判ですし、クルマ好きからも客をひらうために危険な運転をするなどで嫌われてる職業です。
接客業ですし収入も安定してないなどやはりネガティブなイメージを持ってる人も多そうです。
ですが何にでも向き不向きは有るようで、実際仕事をしてる人の半数以上はタクシー運転手に満足してるのだとか。

f:id:Kiro0315:20210131221742j:plain


同じく運転手としてもっと思い浮かぶのがレーサーでしょうか、これ正直野球選手やサッカー選手より難易度が高い気がします。
そもそも日本でレースだけで食えてる人って居るのか?とすら思ってしまいますよね。
F1やWRC、インディをはじめとするアメリカのビックタイトルレース、また国内のスーパーGTやスーパーフォーミュラに乗れれば食えるかもしれませんが、それ何人居るんだって世界ですね。関係ない話になりますが僕は毎年鈴鹿にレースを観に行ってるんですが、マシンのエギゾーストノートだけでごはん軽く三杯はいけちゃいますね!え?その飯を食うとは違う?

話を戻しますが、正直トップレベルまで行かないとレースでは食えないでしょうね。もっともそこまで行けてる人が実在しますから誰もが無理ってわけではないですが、類まれな才能と強運がないと厳しそうです。ジャンボ宝くじ当てるより難しいかも?

ちな僕は大昔中山サーキットでイキてった時にバコバコ抜いてくる速いやつが居て、地元でも速いとちょっとは知られた人で才能の違いを痛感させられ凹んだんですが、その彼が近畿地区のローカルなレースで鳴かず飛ばずだったと知り、これは絶対ムリな世界だと思い知りました。

 

どんどん売っちゃいなよ!

まだまだクルマに関わる仕事はあります。今度は売る側です。
新車を販売するディーラー、中古車を取り扱う中古車店、自動車のセールスマンもこれまたディープにクルマに関わる仕事ではないでしょうか?
これまた好き嫌いが分かれそうな仕事で、クルマが好きなだけでなく接客という人と関わるのが好きでないとつらそうな仕事です。

f:id:Kiro0315:20220324225140j:plain

最近数が少なくなった気がします

 

特に今の日本は不景気で新車が売れにくくなっており、売上が物を言うセールスマンにとっては厳しそうですね。
対して中古車屋は売るだけでなく仕入れもあり、色んなクルマに接する機会もありそうでちょっとワクワクしそうですね。
ちなみに営業職というのはノルマという過酷な条件も有り、離職率の高い職業なのだとか。
一般的な仕事に見えますがこれ結構クセが強くて奥が深い仕事のようですね。

 

伝える力が武器になる

クルマに関わる仕事としてレーサーという最難関を紹介したので、随分敷居が下がって見えますがこれもなかなか難しそうな自動車評論家です。

f:id:Kiro0315:20220324230346j:plain

1億総評論家時代の魁の名著ですね。

 

その昔徳大寺有恒さんの間違いだらけのクルマ選びという本が爆発的に売れ、自動車評論家という仕事が一気に知れ渡ったような気がします。
そもそも物書きですから出版社などと契約をし、そこからの依頼で記事を書いたりするので正直この時点で厳しいですよね。

とは言え今はネットの時代です。SNSなどを駆使すれば自分でも自動車の感想など配信できる時代なのです。

代表的なのはYou Tubeでここで個人のクルマを募集して紹介してる番組などを作って収益を上げてる人も居ます。果たしてそれが自動車評論家なの?という意見もありそうですが、例えば素人なりの切り口でプロにはない視点で番組を作るなどすれば、それはそれで既存にはない価値観を提供できるのでは?なんなら後部座席評論家やカーゴスペース評論家などニッチな世界を開拓して第一人者になれるかも?

 

ゼロから作る

これまた難易度は高いですがカーデザイナーや設計者もありますね。
カーデザイナーはインダストリアルデザインの世界なので、デザインセンス以外にも工業的な知識を要求されますし、実際どうやってなれるのかわからない人も多そうですね。

f:id:Kiro0315:20210407223631j:plain


基本は大学や専門学校で学びメーカーに就職するのが一般的ですが、有名なイタルデザインを始めとして外部のデザイン事務所に行く手もありますね。

もっともクルマのデザインもエクステリアだけでなくインテリアやその中でもシートだけだとか細分化されています。
ちなみに今や怪談話で有名な稲川淳二さんですが、車止めのデザインや自動車関係のデザインもしているプロダクトデザイナーです。

みなさんご存知のように自動車は複数のパーツから構成されてるので、例えばエンジンベイのデザインやドアノブをデザインをする人も居ます、ただこれは見た目のデザインと言うより設計に近いですが、設計もデザインですので間違ってはないですね。
自動車は複数のパーツの集合体でデザインだけで言えば、シートベルトやブレーキなどその数だけあると言えますし、それを作ってる各メーカーでデザインしているわけなので、そう考えると案外仕事は多い?

設計に関してもクルマ本体だけでなくエンジンやホイール、サスペンションと多岐にわたるので、掘り起こせばその数だけ仕事は存在します。


ダラダラ書いてしまいましたが、まだガソリンスタンドの店員や、オートバックスなどのカー用品店のスタッフ、運転手ならトラックなどの配送業など探せば仕事は山のようにありそうです。

うーん、クルマで飯を食う仕事をぱっと思いついただけ書き連ねましたが、なかなかお気楽に手を出せそうもないですね。

f:id:Kiro0315:20210516222236j:plain


これからますます日本は不景気になりそうですし、政府も働き方改革で副業を進めてくる始末。

好きなことを仕事にすると嫌いになるなんて言われますが、本業でも副業でもどうせ仕事をするのならクルマに関わる仕事は気になりますよね。
でもくれぐれも自動車泥棒にだけは手を出さないでね。(それは仕事か?)

グランツーリスモ7は相変わらずグランツーリスモだった。

f:id:Kiro0315:20220322212614j:plain

待望のグランツーリスモ!さて内容は?

グランツーリスモの新作ができないのなら、クルマに乗ればいいじゃない!とマリー様の声が何度も聞こえた今まででしたが、ついに2022年3月4日にグランツーリスモシリーズ待望の新作「GRAN TURISMO 7」が発売されましたね!

ガソリン高騰によりクルマに乗りたくても思うように乗れない人も、今日からは僅かな電気代と家族の冷たい視線を対価に思う存分好きなクルマを楽しめますね!
(好きなクルマが収録されていたらの話ですが・・・)

さて実は僕はそれほどグランツーリスモ7(以下GT7)を待ちわびていたわけでは有りませんでした。
というのもGT6から随分と時間が立ち待ちくたびれたのと、その間にいろんなクルマゲームをやったり仕事でゲームの時間が減ったりとのあわせ技で、「あ、やっと出るんだ」ってのが正直な感想でした。
まぁ冷めちゃってましたね。ですので買ったのはPS4の通常版です。

早速ではないけどやってみた!

Amazonで買ったので発売日当日には届いてたのですが、一日千秋の思いで待っていたってわけではないので次の日に始めたんですがいきなりアプデ地獄の洗礼に・・・
長風呂から上がるとアプデも終わってたのでプレイ!しかし邪魔で片付けたハンコンが無いと面白くないと気づき、寝ました。

 

ゴソゴソとハンコンとシートを取り出し始める!

早速起動するとピアノのイントロが流れ・・・なげーよイントロ!とイライラしながら観てるとMoon Over the Castleが流れてきてヒャッハーーー!!!これだぜ!と興奮!
GTシリーズはこれですよね!!!!

感動のOPで熱が入ったので興奮したまま一回起動させた時に適当に設定したので再度設定へ、僕のハンコンはT150というまぁそんな高いものでもないので不安でしたが、ちゃんと設定されてました!
さぁ!いざ始めるといや懐かしい!これぞグランツーリスモでした。
特にライセンスですね、ムキになってゴールド目指してた若かりし頃の自分を思い出しましたよ、ま、今回は面倒なのでブロンズでもガンガン進めましたけどね!

しかし昔のグランツーリスモに比べて厳しくなってません?昔は軽くやってもゴールド取れてたんですが、ものによってはブロンズがギリギリの試験も有って焦りましたよ・・・

 

お前誰だよ?

他にも中古車屋が有ったり、チューニングショップが有ったりと「これこれ!これだよ!」ってのが有りニヤニヤが止まりません、そして色んなレースを進めてお金を貯めるってところも懐かしスタイルでお袋の味です。

GT7からはこのともすれば単調な作業に変化を付けるべく「メニューブック」が追加されたのですが、これ人に寄っては意見が分かれるでしょうね。サクサク進めたい人にはちょっと邪魔かも知れませんが、僕はなんとなく気に入ってます。
突然現れたサラという女性が色々教えてくれ「カフェ」がオープンしたから行けなどと、休憩に行く店にまで世話を焼いてくれます。さすがサラ!よく知らない人だけど・・・

 

怪しさ満点のカフェ

サラの知り合いの店なのか?まんまと騙されたのか?マルチの勧誘とかだったら嫌だなぁと現実なら思いますが、GT7はゲームなので電源を切ればすぐに逃げられます。

f:id:Kiro0315:20220322210951j:plain

レース界を牛耳る謎のカフェ?

カフェに行くと車好きが集まるカフェだとか、西風さんの漫画「GTロマン」のロマンだね!と思いましたが、常連客が数名いるだけの怪しいカフェでした。

f:id:Kiro0315:20220322211113j:plain

まさかの店側から注文が!!

何が怪しいって、ここのマスターが注文を聞くどころか「どこそこのレースで勝ってクルマを手に入れろ」だとか「手に入れたクルマを改造しろ」「そして話をしようじゃないか」とか意味不明な事を言い出してきます。マルチの勧誘よりヤバくない?とりあえずカフェオレホット持ってきてよ!

 

走りはなめらかジューシー

カフェの怪しいマスター・ルカにそそのかされレースなど走ってみましたが、挙動はなんだかGT SPORTとは変わってる気がしますね、というか挙動が変わったというかなめらかになった気がします。
ステアリングやアクセルに対するクルマの動きが今までは10段階だったのが20段階になったような、動きの一つ一つに連続性が増してシームレスな感じでリアルさを増してる気がします。

高速で入っていった時のリアのふらつき加減とかなかなかリアルですが、そこからのリカバリーは割と楽ちんなのでやっぱその辺りはゲームかなぁと思います。最初アシストモード入ってる?って思ったくらいでした。

とはいえライセンスで苦戦したように雑に走ってタイムが出せるほど甘くなく、やっぱその辺はリアルに出来てるんだろうなと感じます。とくにアクセルワークに対してはかなりシビアなのでGが感じられないので辛いです。

 

やっぱ相変わらずなグランツーリスモ・その1

お袋の味的なこれこれ!これがグランツーリスモだよ!って部分がしっかり残っていて楽しめたのですが、正直残してほしくない部分もそのままだったのは残念でした。
それがGTワールドを牛耳る「カフェの怪しいマスター・ルカ」がやたら推してくるレースなのですが、これが毎度最下位スタートって厳しくないですか?僕ルカに嫌われるような事言った?

f:id:Kiro0315:20220322210425j:plain


確か過去作のGT4にはレースにもしっかり予選が有って、圧倒的に遅い車を処理するという不愉快さを感じなかったのですが、GTはレースを主軸においてるゲームなのに相変わらず最下位スタートとは理不尽の極み、なんで僕だけ毎回ペナルティスタートなのさ!!!
正直この時点でシミュレーター系レースゲーからマリオカートにクラスチェンジですよ・・・俺強えーーー的チキチキ大爆走みたいな陳腐な遊びがしたんじゃなくてカーレースがしたんですよ、その辺このゲーム作ってるスタッフには理解してほしいですね。

ちなみにこのレースですが、雨の場合遅い車でも抜くのが面倒なのですが、何回も途中棄権したら雨から晴れに変わってましたね。これは裏技?


f:id:Kiro0315:20220322210810j:plain

ハイパワーFRでニュルでも平気で踏めちゃうぜ!

更なる不満点ですがグランツーリスモ圧倒的に恐怖が足りないですね。
感覚が麻痺してなければ高速走行は結構怖いものです。ましてや知らないコースや他車とのバトルになれば尚の事なんですが、GTシリーズは他のゲームとは違いエフェクトなどを加えてない?のでニュルなんかでも怖くなくガンガン踏めるんですよ、でもなまじ挙動はリアルになってるのでドーーン!って飛んでいきます。

もう少しスピードの怖さを教えてくれ!!!!恐怖に打ち勝ってアクセルを踏み抜く醍醐味が欲しいぜ!


次に中古車です。これも前から有ったのですが今回は有るクルマ全てを新車で買えないようなので、中古を探すしか無いのですがクルマの在庫の動きが鈍いです、中古車屋は2〜3店鋪別にあっても良かったのでは?とか思います。中古車屋を見て回る楽しさを加えて欲しいです!

f:id:Kiro0315:20220322210549j:plain

f:id:Kiro0315:20220322210612j:plain
加えて不思議とRX-7(FD3S)は新車で買えるっぽいんですが、何故かむっちゃ高いです。はるかに高価なBMW M3(E92)をブッちぎる価格です。
M3クーペの新車価格って1000万円超えてませんでしたっけ?じゃあセブンはなんぼやねんと、ディーラーで売ってる新車でしょ?意味が分からん。

 

やっぱ相変わらずなグランツーリスモ・その2

ここからは良かった点です。
夢中になってやってた過去作のサーキットの復活ですね。走り込んでるだけにコースを知っているので敵車と対等に戦えるのが嬉しいです。
やっぱディープフォレストやグランバレーは燃えます!しかも圧倒的に美麗なビジュアルで走れるんですよ!最高じゃないですか!

僕は市街地コースが好きなので「イタリア市街地コース」の復活を願います。あとアメリカの「パイクスピーク」も復活してほしいです!


f:id:Kiro0315:20220322210644j:plain

あとチューニングですね!外観のアルミの交換やエアロの追加は当然のこと、以前のように自由度が上がりましたね。特にGTウイングのバリエーションは豊富ですね!
そしてサスやエンジン、ボディメイクなどかなり複雑にいじることも出来ますし、そこから綿密なセッティングも出来るので、好きなサーキット専用のスペシャルマシンづくりも捗りますよ!

ただ僕はレーシングモディファイがむっちゃ好きだったので、これ復活して欲しいですねぇ。
車体の変更箇所やカラーリングなど「ほう、そう来たか!」と感動したものでした。
これ復活してくれたら花丸です!!!

そしてGTと言えば豊富な掲載車種!!!と言いたいところですが、今のところはGT SPORTに毛が生えた程度ですねぇ、昔のGTは同じ車種でも複数グレードが収録されており、自分のクルマをドンピシャで選べたんですよ、これに関しては後々のアップデートでの車種追加に期待していいんでしょうかね?

 

今は満足!80点ってところですかね。

早くもサーバーメンテなどでSNSでは不満が噴出してる感のあるGT7ですが、僕の場合1日2時間もしたら疲れるので今の所出来ないから辛いってのはないです。

冒頭でも書きましたが操作感がなめらかなので高性能のハンコンが欲しくなっちゃいましたよ。
あと気になるのはVRですかね、結構酔っちゃうのでそんなにやりたい!とは思わないですが、あの完全にクルマの中に入り込んだ感覚はたまりません!
まだPS5のVRの発表も無いのでGT7が対応するのかGTVRなんてのが出るのかわかりませんが、VRはちょっと待ち遠しいですね。

まぁ、それより今はEDまで進め、その後は欲しい中古車を発掘してまったりGTライフを楽しみますぞ!