今日も暖機運転・・・(ヽ´ω`)

車が好きでブログをはじめました。特に根拠もなく妄想をゆる〜く書いてみます。

GR86を見た印象

f:id:Kiro0315:20210504181709j:plain

GR86

ネットの画像で見た印象まんま

4月24日から2&4レースを観に鈴鹿サーキットへ行ったんですが、GPスクエア(催し物をよくやってる広場)に86有るかなぁと思ってたら予想通り置いてました。
GAZOO RACINGとしての展示だったのでBRZはなく、代わりにGRヤリスとGRスープラが展示しており賑やかでしたね。

正直な印象はネットで見たときの印象まんまで、よく実写を見たら印象が変わるという事はなかったです。
スポーツカーと言うのはウェッジシェイプでオーバーハングが短く、また全高が低い2ドアクーペが多く、その時点ですでにかっこいい構成は出来上がっています。
その点で見ればGR86もかっこいい車と言えます。


スポーツカーとして見たら

では並み居るスポーツカーと比べたらですが、普通かなぁ、そう普通のかっこよさって感じです。
全体にシンプルに構成されたデザインは好き嫌いが少なく、嫌味なく無難にまとめた印象なのですがそれだけに厚ぼったいシルエットが残念です。

 

f:id:Kiro0315:20210505192528j:plain

 GR86の気になる部分

特に僕が気になったのはフェンダーアーチからボンネットまでの厚みです。
ここが厚みを感じるのでぽってりとした印象があり、人によってはポルシェカイエンやパナメーラぽいという意見に繋がってるのだと思います。
プレスラインで遊んだり無駄なパーツを盛ったりしてるクルマは上手くごまかしが効くんですが、こういうシンプルなデザインの場合こんな部分が目についちゃうんですよねぇ。
せっかくの水平対向エンジンなのだから、もっと低めにオフセットしてポップアップボンネットで厚みを薄く出来なかったのかと思いますが、低重心な水平対向エンジンですが、左右スペースの関係でフロントをダブルウィッシュボーン式サスペンションに出来なかったんでしょうかね?歯がゆい印象です。

 

f:id:Kiro0315:20210504180923j:plain


爬虫類のような面構えだったら先代86から一転、癖のないデザインでありながらボリューム感の有るフェンダーラインや迫力のあるリアデフューザー周りなど、全体がシンプルだから映える構成ですね。
86ユーザーの年齢に合わせて新型も落ち着いたデザインにしたんでしょうか?
シンプルと言えばよくご先祖とか言われちゃうAE86も、癖のないファミリーカーをクーペ風に仕立てたデザインで、ドラマチックな見せ場はないものの道具感のあるいいデザインだったので、割とコンセプトは近いのかも?
まぁGR86の方が圧倒的にお金は掛かってそうなクルマですけどね。

悪くはないクルマなのですが、GRヤリスやGRスープラと言った癖の強いクルマと並んでしまうとなにか物足りない感じも正直否めません。
なんならやりすぎ感のあったクドいスープラが新鮮に見えたりするくらいです。

 

f:id:Kiro0315:20210504181101j:plain

GRスープラ

このスープラのアクの強さと86を比較して、本当にトヨタは上手くクルマを作り分けてユーザーのターゲットを絞ってるんだろうなぁと感心しました。
さすが去年新車売上シェア50%の成績だけのことは有りますね。

トヨタから新しいスポーツカーが誕生するかはわかりませんが、トヨタが過去に作っていたセリカのようにチャレンジングでかっこいいスポーツカーが見たいですね。


kiro0315.hatenablog.com